FC2ブログ
日ごろのことを思いのままに綴ったものです。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
旅行記
予告どおり18,19で行ってきた山梨の旅日記を書きます。

8時に川崎駅に集合ってことで東京から東海道線に乗ると、
普通列車なのに、特急車両が現れてお得な感じで川崎に移動。

川崎で車を借りてGO。運転は首相に任せた(ぇ

初日は温泉に程近いところの石和のウインズ行ってみる。
ここには足湯がある。なかなか粋なサービスでした。

そして旅館に到着。
旅館の料理は量○、味△、
色々あって食べごたえはあったんですが、もう少し味を浴して欲しいところです。こじんまりとしてた温泉なので、風呂は小さかったものの貸切状態だったのでいいことにしましょう。
フロントが夜中いなくなるのは、セキュリティ上大丈夫なのかなぁって疑問はありましたが…

夜:ヴァンフォーレ甲府戦を見にスタジアムに移動しようとしていたとき、首相がスリッパでスタジアムに行こうとする。旅館の玄関で気づいたので、ギリギリセーフ。このままスタジアムに行ってたら間違いなく今旅行のMVPだったでしょう。

スタジアムまではバスですが、このバス
バスの値段の上がり方が尋常でない
同じ市内だし、300円あれば足りると思ったら大誤算。
なんと460円! 30分くらいしか乗ってませんよっていいたくなる。
バスの時間調整で2分どこかのバス停で停車。今まで早すぎたことなんてなかった。どれだけゆとりダイヤなんだろう…

そして、サッカーは甲府が勝つ。3-2というスコアは見る方にとっては面白い試合でした。バレー様様でしたね。

帰りのバスを探していたら、スタッフの人にだまされて、完全に反対側に行ってしまったので、タクシーで帰ることに。(バスで帰るのとたいして変わらないし。。。)

部屋に戻ってからは「トランプ」
7並べ、大富豪とやりましたが、やはりババ抜きが大激戦。
7枚で4人が戦っている状態がある程度続く。運ねぇ…
そして、寝る。T氏のいびきがうるさくてなかなか眠れない

次の日
昇山峡に行くも雨が降っていたので、歩くのはちょっと大変。作戦としては、ふもとに車を止め、滝上からはバスで買えることに。色んな岩があったりして、景色は良かったです。(層雲峡とか見てたからか、感動が少なめ)

そして、山の上の方から、下へバスで移動。
そして、驚くべき光景を目にすることに。

初乗り160円 まぁ普通。
そして、1つ目のバス停を過ぎた瞬間一同は絶句した。

340円
工エエェェ(´д`)ェェエエ工工 バスにやられた。。。

たくさん歩いたので、温泉に。神の湯温泉という住宅街の真ん中にあるところ。本当はここに泊まりたかった。
7つの風呂があって満足満足。

昼ごはんは、ほうとうを食べに行くことに。昨日タクシーの運転手にどんなものか聞いて、おすすめの店を聞いたので、そこへ行ってみることに。
うどんともきしめんとも違う麺。もちもち感があっておいしかったです。その店の量がなかなか多くて食べ応えがありました。(山梨って量が多いのか??)

そして、山中湖経由で帰ることに。
富士山は天気が悪かったのでいまいち。

途中から首相に代わってリリーフ登板。
オートマのエンジンブレーキの弱さと、istに乗るのが初めてなので、あまりいい運転はできず。

なぜ交代したかというと
・首相が少し疲れていた。
・時間がない

そうどう考えても間に合わない。そこで、電話すると
わからずやカード発動(桃鉄知らない人
ごめんなさい。)

目的地が川崎→本厚木に変更。
車は定刻に返せてよかったものの。

どうやって家まで帰ろう??


本厚木は神奈川と静岡の境目。私の家は東京と千葉の境目。
およそ2県を渡ることに。
2時間弱かけて、家に到着。最後の最後が一番体力を消耗しました。

今回の旅でかなりリフレッシュできました。また、行きたいですね。

お土産を買おうと思ったんですが、途中でマネーが切れたので、何もありません。
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

ババ抜きについて
ババ抜きババ抜き(ばばぬき)とはトランプの遊び方の一つで、Old Maidの邦訳。#ジョーカーを加えた53枚のカードをプレイヤーに均等に配る。プレイヤーは手札にある同位の札を2枚ずつペアにして場に捨てる。手元にペアとなる同位の札がなくなったところで、順に隣のプレイヤ  [続きを読む]
みんなで一緒にカードゲーム 2007/04/03/Tue 14:16
© 台紙が思いのままに書きました。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。